About Us

「ロボット研究部」について

宇部高専ロボット研究部は、毎年アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト(高専ロボコン)に出場するロボットを制作している部活、通称「ロボ研」です。2003年秋に発足した「ロボット愛好会」から始まり、 2009年度には「ロボット研究同好会」から「ロボット研究部」へと昇格し、学内で唯一の高専ロボコン参加をする団体になりました。

高専ロボコンについて

毎年4月下旬に競技課題が発表され、まず10月に開かれる中国地区大会に向けて、メンバー全員の力を合わせてロボットを制作します。そして中国地区大会で優勝もしくは推薦されると、11月下旬に東京・有明コロシアムで開かれる全国大会に出場できます。目標は、トーナメントを勝ち上がり全国優勝すること、そしてアイデア・技術など、総合的に判断して最も優れているとされたロボットに贈られる最も栄誉ある賞「ロボコン大賞」です。

宇部高専ロボット研究部では、大会後も翌年度に向けてのロボット制作や講習会を行い、技術向上や知識を深める活動を行っています。

メンバーについて

部員は2018年度は32名(うち女子2名)です。1~5年生が所属し、機械工学科・電気工学科・制御情報工学科・物質工学科の、ものづくりが好きなメンバーで構成されています。

部員は、機械班(設計・加工)・回路班(回路・プログラム)に分かれて活動しています。1年生は入学後11月までは基本的に機械班としての活動が主となりますが、その後どの班に所属するかは、あなた次第です。

入部について

現在、経営情報学科の部員は所属していませんが、学科・学年に関係なく入部可能です。

ロボコンでは幅広く専門的な知識や技術、知恵、時には気力と体力も必要になります。ですので機構設計・部品加工や回路設計・プログラミングをやってみたいという学生はもちろん、チームリーダー・事務・会計・ネットワーク/サーバー管理・Webサイト広報等の担当者も随時募集中です。

活動場所やロボットの見学等もできるので、気軽にページ最下部のメールアドレスかTwitterアカウント @NITUCrobokenまでご連絡ください。

アクセス

活動場所は宇部高専構内「ものづくり工房」です。構内は一般の方も自由に入れるので、ぜひ見学にお越しください。
また、ご質問等は下記のメールアドレスへお気軽にお寄せください。

uberoboken@gmail.com